制汗剤と乳がん

2012年10月02日

制汗剤と乳がん

私が「わきが」から解放されは本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

私が「わきが」から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

制汗剤と乳がん

制汗剤でちょっと知っておいて欲しい事があります。

「わきが」の人は、「わきが」特有の臭いを抑えようとして、制汗剤を使いますよね。

制汗剤に含まれる、アルミニウム塩類が、乳がんのリスクを増大させる可能性があるのです。

それは、アルミニウム塩類は皮膚を通して体内に入り込み、エストロゲンに似た作用を示すのです。

制汗剤によっては、用量の25%をアルミニウム塩類が占めるものもあり、そのような制汗剤をわきの下にスプレーした際、アルミニウム塩類が乳房付近に集中するため、リスクを増大させる可能性があるのです。

その他、女性がわきの下の毛を処理した後の傷ついた皮膚に、制汗剤を用いることや
喫煙からも、体内にアルミニウムを取り入れていることもあるのです。

なので、制汗剤を使う時は、アルミニウムフリーの制汗剤を使うようにしましょう。

どこまで、アルミニウムが身体に悪さをするかはまだ、詳しくは分かっていません。

でも、アルミニウムフリーの制汗剤を使った方が安心でしょう。

私が「わきが」から解放されは本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

私が「わきが」から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 涼美 at 07:22| わきが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。