多汗症 食生活

2012年10月04日

多汗症 食生活

ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)〜多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

多汗症 食生活

多汗症と食事は一見関係がなさそうですが、実は大きく関係しているんですよ。
個人差はありますが、辛いものや熱いものを食べると汗が出てきますよね。
特に多汗症の人は、辛いものや熱いものを食べると汗がすっごく増える傾向があります。

多汗症を改善する食生活

多汗症で悩んでいる人は、普段の食事をちょっと気をつけることで、多汗症がずいぶん良くなる事もあるんですよ。

多汗症の人は、熱いものや辛いものを控えるということは重要です。
それと同時に、特に脂肪分が多い肉類や油分が多い揚げ物などの食事は、多汗症にも大きく影響するので、多汗症で悩んでいる人は控えたらいいですよ。

なぜなら、これらの脂肪分が多い肉類や油分が多い揚げ物などの食事は汗腺を刺激し発汗を促してしまうからです。ですから、なるべく肉類や揚げ物などの食事を摂らないようにすることが多汗症の予防になるのです。

なので、多汗症の人は、食事メニューに動物性の脂肪を含んだ食材を取り入れることは避けましょう。

(ただし、「動物性の脂肪を含んだ食材を取り入れる事を避ける」のが、大きなストレスになるようでしたら、逆効果です。何事も「適度」が重要です。)

なるべく野菜を中心としたメニューを取り入れることが多汗症(汗)には有効とされています。

ただ、その野菜選びについてですが、大豆や葛の根などのイソフラボンを多く含む食材を選ぶといった注意が必要です。

また、コーヒーも汗腺を刺激して発汗を促すといわれているので、食後のコーヒーは多汗症を予防するためには控えた方がよいでしょう。

でも、「コーヒー」が好きでっていう人は、ノンカフェインコーヒーがお勧めです。

私の周りの多汗症の人の間ではちょっとしたブームです(^_-)-☆

「カフェイン」は「カフェイン中毒」という位に、依存性があるものです。

なので、「多汗症に良くないのは分かってるけど、なかなかやめれなくてね」っていう人は、ノンカフェインコーヒーを飲んでみるといいと思いますよ。

*イソフラボンは女性ホルモンの働きを活発にすることで知られていますが、汗腺からの発汗作用を抑制するという効果を持っています。

イソフラボンにはその他に、不眠症や判断力(思考)の低下を改善するといった働きも合わせ持っている非常に有効的な成分です。

イソフラボンには女性ホルモンを活性化させることで発汗抑制作用を促し、汗を浄化させる働きがあるので、食事による多汗症対策として効果的に取り入れてみるのもいいのではないかと思います。

ぜひ試してみて下さいね♪

大豆を含むものに、納豆、おから、みそ、醤油、豆腐、油揚げなどがあります。
そして、「豆乳」があります。
「豆乳」は結構多汗症に効果があるようですよ!
今では豆乳も随分美味しくなってきているので、ぜひ試してみて下さいね♪

*たばこに含まれているニコチンや、コーヒー・お茶などに含まれているカフェインには、自律神経のうち汗腺の働きを活発にし、交感神経を刺激する“中枢神経興奮剤”という物質が含まれています。

ですから、これらを過剰摂取すると汗が出やすくなる場合があるのです。

多汗症とは直接関係がないのですが、多汗症の人は、カフェインや煙草は避けたほうがいいと思います。

これがきっかけで発汗し、焦ってますます汗が激しく出ることはあるかもしれませんよ。

実際、私も緑茶やコーヒーを沢山飲むと、体が火照って(たぶん興奮しているのでしょう)、汗が大量に出てきます。

なので、一日の摂取量を決めて、飲み過ぎないようにしています。

実際、多汗症に妹も友人も、「カフェインを摂りすぎると、興奮して汗をかく」と言っていたので、体質的なものかもしれませんね。

多汗症の人は、これらを参考に、毎日の食生活を見直してみて下さいね。



ぴかぴか(新しい)私が多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)〜多汗症から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by 涼美 at 00:00| 多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。