わきが 傷跡

2012年10月07日

わきが 傷跡

私が「わきが」から解放されは本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私が「わきが」から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

わきがを根本的に治す方法、それは「手術」です。手術を行うにあたり女性なら手術後の傷跡が気になるのではないでしょうか?

手術するには、脇を切開し、縫うことになりますよね。
そのため、傷跡が残ってしまうことになります。
できるのならば、傷跡を目立たなくしたいというのが女心です。一般的に時間と共に白い痕となり、傷跡も薄くなるようです。
傷跡は、個人差もありますが半年から一年後には目立たなくなるようなのでノースリーブも気にせず着られるようです。
まったく目立たなくなるまでには一年以上かかるようです。


術後、注意しなければならないことは化膿することです。
化膿すると、傷跡も治りにくくなるといわれています。
元々、化膿してしまう原因は、傷口に細菌が入ってしまうことです。
細菌が入ってしまうと膿が溜まり皮膚にダメージを与えてしまうのです。

では、化膿を防ぐにはどうしたらいいのでしょう?
それは、手術後、入浴時に脇の下を濡らさないことと、術後すぐは、腋毛の処理を控えることです。

また、医師の腕も関係するようで、手術の経験が浅い医師の場合は傷跡が目立ちやすいといわれていますので、事前に調べることが必要です。

私が「わきが」から解放されは本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
私が「わきが」から解放された本当の理由はこれぴかぴか(新しい)



posted by 涼美 at 09:32| わきが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。